シズカゲル 成分

MENU

シズカゲル 口コミ

 

シズカゲルは「医薬部外品」に分類されており、有効成分を含んでいながらも、敏感肌に配慮し「天然成分」を配合しているのです。

 

しかし、実際にどのような成分が配合されているのか、そしてどのような効果があるのか知らないと安心して使えないと思います。

 

そこで、シズカゲルの成分構成と、主成分の効能を調べてまとめてみました。

 

シズカゲルの全成分

 

【独自成分】
フラバンジェノール

 

【有効成分】
アルブチン

 

【その他成分】
フランスカイガンショウ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、3-0-エチルアスコルビン酸、テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル、ユキノシタエキス、マロニエエキス、シア脂、カンゾウフラボノイド、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、オリブ油、スクワラン、1.3-ブチレングリコール、トリイソステアリン酸グリセリル、硬化ナタネ油アルコール、1.2-ペンタンジオール、精製水、アクリル酸・メタル酸アルキル共重合体、アルギン酸ナトリウム、水素添加大豆リン脂質、天然ビタミンE、カルボキシビニルポリマー、水酸化ナトリウム、フェノキシエタノール

 

有効成分が豊富に配合されていますね。

 

シズカゲル主成分と効能

 

アルブチン

 

別名、ハイドロキノン誘導体と呼ばれています。
アルブチン』は、美白成分のハイドロキノンと糖を反応させ、安全性を高めたもので、資生堂が開発した、厚生労働省認可の医薬部外品美白有効成分です。

 

効果として、メラニンをつくる「チロシナーゼ」という酵素の働きを阻害する作用があり、過剰なメラニンの生成を抑制することでシミを増やすことを減らします。

 

医薬品であるハイドロキノンに匹敵する美白作用がありにもかかわらず、ハイドロキノンとは全く別の成分です。

 

ハイドロキノンは、医薬品なため刺激が強く敏感肌の人には使い辛いのですが、アルブチン(ハイドロキノン誘導体)は、ハイドロキノンの美白作用はそのままで、お肌に優しく、敏感肌の人でも使えるのが特徴です。

 

フラバンジェノール

 

ラバンジェノールRは、フランス南西部ランド地方に広がる海岸松の樹皮から抽出された天然由来のポリフェノールです。
ポリフェノールは、強い紫外線や潮風から身を守る効果があります。

 

シズカゲル 口コミ

強い抗酸化作用があるアンチエイジング成分で、ビタミンCの約600倍の抗酸化力があり、フラバンジェノールとヒアルロン酸を組み合わせると、そのうるおいパワーはコエンザイムQ10の約250倍、セラミドと比較するとなんと約15倍の効果があります。

 

カンゾウフラボノイド

漢方などで使われる「甘草」から抽出した油溶性の成分です。
効果として、シミの原因である、メラニン色素を増やすことで知られている、「チロシナーゼ」という酵素の活性を抑える働きがあります。
さらに、メラニンが合成されて抑制する働きと、ヒアルロン酸の分解を防ぐ働きもあります。

 

つまり、然成分でありながら、強い抗菌、抗酸化作用、メラニン抑制効果があるのです。

 

 

 

このように、シズカゲルには、美白成分で肌のトーンを明るくし、メラニンの発生を抑制する成分、そしてアンチエイジング効果のある成分の、総合的にシミ、シワ、保湿の効果が期待できるのですね(^^♪